SCSI2SD[レトロPC]
(2018/05/21) by Satoru Asari


SD(microSD)カードを古いSCSI HDDの代わりにするSCSI2SDという変換基板があります。設計がフリーで公開されているようで、いくつかのメーカーが製品を販売しているのですが、codesrcというオーストラリアのメーカーが作っているSCSI2SD 3.5" 50-pin SCSI to SD card adaptor (revision 5.0)という製品を買ってみました。実はこれ、AKAIのサンプラーでも動作実績があり、そちらで使いたいと目論んでいます。

<画像:SCSI2SD>購入したのは少し古いバージョン5.0の製品で、より新しい6.0というのも出ているのですが、少し高いのと、電源コネクタがフロッピーディスクドライブのタイプに変わっているそうで、逆に使いにくいのではないかと(なんとなく)思って、古いほうにしました。なおオフィシャルショップには在庫がないようなので、中国にあるITEADという店で買いました。送料(何種類かあるけどDHLを選んだ)込みで1万円くらいで、1週間かからず届きました。

まず動作チェックがてら、古いMacintosh IIsiに入れて試してみました。この機種はカバーを開けるのもHDDを交換するのも簡単ですからね。ドライバーすら不要です。SCSIと電源、両コネクタの形状も同一なので、内蔵HDDを抜いて入れ替えるだけでOKでした。動作も問題なく、快調に動いています。使えそうですね。これをサンプラーにどう繋ぐかは(可能なら内蔵したい)このあと考えたいと思います。

なお、古いMac OSでは純正以外のHDDはフォーマットできない場合が多く、使うには市販のフォーマッター(フォーマットソフト)が必要だと思います。私は昔MOドライブか何かと一緒に買ったAnubisというソフトを所有しているので、それを使いましたが、現在この手のものを正規の手段で入手するのは難しいかもしれませんね。


関連リンク
AKAI S3000XL その後3 (2018年05月24日)


コメント投稿
<1つ前の日記へ
1つ新しい日記へ >
日記トップへ戻る

Powered by
MT4i 3.1