2023年12月23日

写真日記504

カテゴリー: 写真

々に富津岬まで行ってきました。富士山もくっきり見えていて夕景が綺麗だったけど、展望台に登る元気はありませんでした(^^;) 今日は寒かったし・・・。

富津岬
FUJIFILM X100V (FUJINON f=23mm 1:2 II)
絞り優先AE (F2, 1/4000秒, 露出補正 -0.7), ISO 320
フィルムシミュレーション Velvia

コメント (0)

2023年12月20日

写真日記503

カテゴリー: CONTAX_T3, 写真

久々にフィルムで写真を撮りました。カメラはCONTAX T3です。

印旛沼公園 1
印旛沼公園 2
CONTAX T3 (Carl Zeiss, Sonnar 2.8/35 T*)
Kodak ColorPlus 200
CONTAX T3 (Carl Zeiss, Sonnar 2.8/35 T*)
Kodak ColorPlus 200

最初は(撮影日は最後)先日も載せた印旛沼公園の紅葉です。フィルムで撮ったあと保険の意味も込めてデジタルでも撮っていたのですが、こちらが本命です(^^;) フィルムらしさは皆無ですが、驚くほど綺麗に撮れましたね。紅葉はネガフィルムと愛称が良い気がします。逆に桜はだめですね。

竜島海岸 1
竜島海岸 2
CONTAX T3 (Carl Zeiss, Sonnar 2.8/35 T*)
Kodak ColorPlus 200
CONTAX T3 (Carl Zeiss, Sonnar 2.8/35 T*)
Kodak ColorPlus 200

竜島海岸 3
竜島海岸 4
CONTAX T3 (Carl Zeiss, Sonnar 2.8/35 T*)
Kodak ColorPlus 200
CONTAX T3 (Carl Zeiss, Sonnar 2.8/35 T*)
Kodak ColorPlus 200

竜島海岸と、その近くの漁港です。田舎のほうの海という雰囲気ですね。

天王崎公園 1
天王崎公園 2
CONTAX T3 (Carl Zeiss, Sonnar 2.8/35 T*)
Kodak ColorPlus 200
CONTAX T3 (Carl Zeiss, Sonnar 2.8/35 T*)
Kodak ColorPlus 200

最近よく行くようになった、霞ヶ浦の天王崎公園です。

天王崎公園 3
矢指ケ浦海水浴場
CONTAX T3 (Carl Zeiss, Sonnar 2.8/35 T*)
Kodak ColorPlus 200
CONTAX T3 (Carl Zeiss, Sonnar 2.8/35 T*)
Kodak ColorPlus 200

自画像(笑)
CONTAX T3 (Carl Zeiss, Sonnar 2.8/35 T*)
Kodak ColorPlus 200

最後はなんとなく・・・。

今回はやけに画質が良い写真が多いなと感じました。フィルムは同じなのですが、そういえばずっと起きていた1コマ目の光漏れもありませんでした。10本セットで買った前のフィルムは何か問題があったんでしょうかね・・・。

コメント (0)

2023年12月10日

EPSON EP-315

カテゴリー: コンピュータ

エプソンのインクジェットプリンタ、EP-315を買いました。3/7の日記で書いたとおり、古い複合機は退役させる予定で、既にレーザープリンタとフラットベッドスキャナは買ったので、最後に写真用のインクジェットです。


ポイントが貯まっていたので近所のコジマで買いました。ネットの最安値ともそれほど違いはなかったし、サービスで3年保証もつけてくれたので逆にお得だったかもしれません。最近は量販店もネットを意識しているのか、そこそこ安いですよね。

機種の選択はあまり悩みませんでした。写真用となるとやはり6色インクのモデルが欲しいので、それが唯一の条件でしたが、複合機以外はあまり選択肢がないんですよね。ただ、この機種はトレイに2種類の用紙を入れっぱなしにしておけるのが気に入りました。他機種は調べていませんが、最近みんなそうなんでしょうか? わりと小さなプリンタなのに素晴らしいです。あまり厚手でなければ写真用紙も入れっぱなしにしておけるので、L判とA4を入れておけばかなり使い勝手の良い写真用プリンタになります。また、ラックの下段に置きたかったので、後部の手差しトレイはどうしても使いにくいですしね。

ちなみに以前のキヤノンの複合機も6色でしたが、インク構成はだいぶ違います。キヤノンはCMYK+グレイ+顔料ブラックだったのですが、今度のエプソンはCMYK+ライトシアン+ライトマゼンタです。より写真向きな感じでしょうか。


Canon MP990 vs EPSON EP-315何枚かプリントもしてみましたが、概ね満足です。古いキヤノンのプリンタよりコントラストが高めで、PCのモニタで見た階調にも近いです。とはいえ、これは調整でなんとななるレベルだとは思います。解像感もそれほど変わらない印象で、インクジェットプリンタの画質はいきつくところまで来たのかもしれません。ただ、印刷速度は早いですね。A4で印刷したらあっという間に終わって、間違ってドラフト印刷したのかと思いました(笑)

参考までに、2機種でプリントしたL判の写真をフラットベッドスキャナでスキャンしたものを載せておきます。上が(コルクボードに貼っていたので穴が空いていますが)古いキヤノンのMP990、下が今回のプリンタです。スキャナのせいか両方とも少し彩度が落ちましたが、違いは再現できたと思います。


以上、1万円台で買える安さを考えれば今のところ何も不満はありませんが、あとは、しばらく使わないとノズル詰まりしないかが心配です。キヤノンの前に使っていたエプソンのプリンタはひどかったので・・・。

コメント (0)

2023年12月 6日

写真日記502

カテゴリー: 写真

今日は訳あって珍しく平日の昼を外食にしたのですが、ちょっと時間が早かったので、その前に印旛沼公園に寄ってみました。

印旛沼公園 1
印旛沼公園 2
FUJIFILM X100V (FUJINON f=23mm 1:2 II)
絞り優先AE (F2.8, 1/900秒), ISO 320
フィルムシミュレーション Velvia
FUJIFILM X100V (FUJINON f=23mm 1:2 II)
絞り優先AE (F2.8, 1/6000秒), ISO 320
フィルムシミュレーション Velvia

ここは綺麗な楓があるので(左の写真)向かったところ、良い感じに紅葉していました。朝は雨が降っていたので、路面は濡れています。展望台(右)も午前中だと、ちょっと雰囲気が違う気がしますね。

コメント (0)

2023年11月15日

写真日記501

カテゴリー: 写真

一昨日のマクロレンズで花を撮ってみました。いつもの雑草ですが(ヒメジョオン? ハルジオン?)小さいのでマクロが欲しくなる花です。

ヒメジョオン? ハルジオン? 1
ヒメジョオン? ハルジオン? 2
FUJIFILM X-T2
FUJINON XF60mmF2.4 R Macro
絞り優先AE (F4, 1/60秒), ISO 250
フィルムシミュレーション Velvia
FUJIFILM X-T2
FUJINON XF60mmF2.4 R Macro
絞り優先AE (F2.4, 1/80秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Velvia

ピントが少し甘い気もしますが(特に絞り開放で撮ってしまった右の写真)連射して撮って、これがいちばんマシな写真でした(^^;) しかし思ったより大きくボケますね60mm。気に入りました。

コメント (0)

2023年11月13日

FUJINON XF60mmF2.4 R Macro

カテゴリー: カメラ

レンズ交換式カメラのシステムを富士フイルムに乗り換えてから約3年半、ずっとマクロレンズのない生活が続いていましたが、先日ふと思い立ち、中古で買いました。


同社のマクロレンズは何種類かありますが、いちばん古いXF60mmF2.4 R Macroです。そこそこ状態の良いものが4万円ちょっとで買えました。

富士フイルムは先日カメラやレンズの値上げを発表していて、このレンズの新定価は128,150円です。実売価格はまだ8〜9万円くらいのようですが、他のメーカーも含め、最近はもうカメラ関連の機材は軒並み高くなっていて、新品では手が出せなくなりつつあります。中古相場は今回調べた限り以前(2〜3年前)より下がっているような気はしましたが、そちらも今後は上がっていくかもしれません。そんなわけで、早めに買っておこうと思った次第です。

FUJINON XF60mmF2.4 R Macro私は常々、APS-Cサイズのカメラ用のマクロレンズは60mmという焦点距離が理想的だと思っていました。35mmフィルム換算90mmというのは手持ちで撮影するには使いやすいですよね。50mm(換算75mm)も悪くないとは思いますが、中望遠マクロとしては、ちょっと物足りない気がします。そういう意味でも、このレンズは魅力的です。また、多くのマクロレンズがF2.8であるのに対して、このレンズはF2.4と明るい(ほんのちょっとだけですが)ところも嬉しいですね。

逆に最大撮影倍率は1/2倍ということで、今時のマクロレンズとしては少々残念なスペックです。今はマクロといえば等倍が当たり前ですからね。これがあってずっと買い控えをしていたところもあります。近々リニューアルされるのではないかという噂もありましたしね。とはいえ実際にはそんなに小さなものを撮ることはないんですよね。リニューアルされたとしても高くて買えないと思うし、そこは良しとしました。


ざっとテスト撮影もしてみました。

XF60mmF2.4 R Macro テスト撮影 1
XF60mmF2.4 R Macro テスト撮影 2
FUJIFILM X-T2
FUJINON XF60mmF2.4 R Macro
絞り優先AE (F5.6, 1/250秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Pro Neg Std
FUJIFILM X-T2
FUJINON XF60mmF2.4 R Macro
絞り優先AE (F5.6, 1/250秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Pro Neg Std

XF60mmF2.4 R Macro テスト撮影 3
XF60mmF2.4 R Macro テスト撮影 4
FUJIFILM X-T2
FUJINON XF60mmF2.4 R Macro
絞り優先AE (F5.6, 1/250秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Pro Neg Std
FUJIFILM X-T2
FUJINON XF60mmF2.4 R Macro
絞り優先AE (F5.6, 1/250秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Pro Neg Std

ペンタックスを使っていた頃は100mmのマクロレンズしか持っていなかったので手持ち撮影は厳しかったのですが、期待どおり60mmならイケますね。正確ではありませんが、だいたいこのくらいが最大倍率だと思います。やはり1/2倍でも実用上は何の問題もなさそうです。

XF60mmF2.4 R Macro テスト撮影 5
FUJIFILM X-T2
FUJINON XF60mmF2.4 R Macro
絞り優先AE (F4 1/800秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Velvia

最後は無限遠。今時のマクロレンズなので接写以外の撮影に使っても何も問題ありません。


関連リンク
写真日記501 (2023年11月15日)

コメント (0)

2023年10月 3日

Roland Boutique JU-06A

カテゴリー: DTM/楽器

先日、久しぶりにArturiaのMicroBruteをいじっていたところ、改めてこのサイズ感がとても好ましく思えました。音も凄く好みなので愛着もあるのですが、モノフォニック(単音しか鳴らない)というのが難点です。鍵盤で弾いていると、すぐに飽きてしまうのですよね。

ポリフォニック(和音が鳴る)シンセならKORGのminilogueもあるのですが、こちらはいかんせん大きすぎます。膝の上に置いて弾く気にはなれません。そんなわけで、デジタルでもいいから何かポリフォニックの小さなシンセが欲しいと思うようになりました。


いろいろ物色していると、ローランドのBoutiqueシリーズが理想的に思えました。音源モジュール(何種類かある)に25鍵の専用キーボードを接続(というか合体)できるデザインが秀逸ですね。音源部をチルトアップできるのもクールです。

発売された頃(2015年?)はデジタル音源なのに値段も高いということで興味を持てませんでしたが、あれからアナログシンセはいろいろ買って一定の満足感は得られたので、最近はこういうお手軽なヴァーチャル・アナログ音源もアリだなと思えるようになりました。他の音源も新機種がいろいろ増えていて、以前より魅力的になっているように感じました。値段も、先日マイナポイントで2万円分のポイントを貰ったので、それを足しにすればたいした負担じゃないなと思ったら、もう買うしかなくなりました(^^;)

音源は数年前に出たJU-06Aにしました。ローランドの往年の名機であるJUNO-60JUNO-106を再現したモデルです。同時発音数は実機より少ない4音ですが、まあこの25鍵のキーボードで弾いて遊ぶには十分です。作った音色を保存できるのも、気楽に使うなら重要ですね。

Roland Boutique JU-06A & K-25M音源とキーボードの接続は昔ながらのフラットケーブルなのですが、少し奥まった位置にコネクタがあって、意外と苦労しました。ピンを曲げないよう注意する必要もあり、気軽にちょくちょく音源を交換したりするのはちょっと怖いですね。せっかくだから、そのうちもう1台(ピアノの音が欲しいのでPCM音源の何かを)欲しいと思っているんですけどね。

チルトアップ機構は音源部を持ち上げて裏にある折りたたみ式の支柱の上に乗せるだけなので(固定されるわけではないので)そのまま持ち歩いたりはできません。支えも意外と弱そうで、動かしていたら一度バネが外れてしまって苦労しました。

また、私が購入した個体には、本体下部に(左から4つ目の白鍵の上あたり)大きな傷がありました。実際には最初からあったのか、取り付けに苦労してるとき気づかず引っ掻いたのか(だとしらかなり塗膜が弱い)分からなかったので、返品はしませんでした。銀色の地金が見えて目立っていたのですが、黒の油性ペンで塗ったら気にならなくなったので、まあOKです。

音はプリセットをざっと聴いてみた限りですが、悪くないですね。ポリフォニックということで和音を弾いて楽しめるPAD系の音色が充実しているように感じました。また、これまで聴いたことがないような不思議なシンセサウンドもあって驚かされました。

ダイソーで買ったPCケースケースも用意しました。A4ファイルサイズなのでPCケースが使えると聞いて、まずはダイソーで13.3インチPC用のケースを買ってみました。400円+税です。失敗しても諦めがつく値段ですね。

具体的なサイズが書いてなかったのでギャンブルでしたが、横幅と厚さは理想に近いです。縦は足りないことを覚悟していたのですが、予想に反して大きく余りました。これは最近のワイドサイズのPCに合わせたケースではないのかもしれませんね。でも結果オーライです。しばらくこれを使っていこうと思います。

コメント (0)