2016年10月31日

Mac mini 買い替え その後

一昨日の日記のその後です。昨日、予定通り届きました。OSは1つ前のEl Capitanだったので、外付けのSSDにmacOS Sierraをインストールして、主要なアプリも入れて、今日から実戦投入しました。

外付けSSDによる運用は目論見どおりうまくいっていますが、やはり頃合いを見て内蔵しようかと思っています。これは買う前から分かっていたことですが、外付けでの運用にはいくつか気になることがあります。

1つは、スリープしても外付けSSDには電源が供給されてしまうこと。起動ディスクなので逆に電源が切れてしまうのも不安ですが、省電力という意味では残念な運用です。長いこと使わないときはシャットダウンしようと思います。もう1つは、USB接続のSSDにはTrimをオンにする手段がなさそうなこと。もともとMac OS Xでは純正以外のSSDのTrimが自動でオンにはならず、手動で設定する必要があるのですが、USB接続の場合、それができないようなのです。これもすぐにどうこうなる問題ではありませんが、やはりちょっと不安ですね。

とはいえ、現状では全くトラブルなく動いているので、しばらくこのまま使うつもりです。パフォーマンスも期待どおりで、さすがにCore i5 2.6GHzは速いですね。まあ、Core 2 Duoと比べちゃいけないんでしょうけど(^^;)

コメント (0)

2016年10月29日

Mac mini 買い替え

昨日、アップルからMacの新製品が発表されました。私がいま使っている開発用のMac mini (Early 2009)が最新のOSをサポートしなくなったため、今回は買い替えを検討していたのですが、残念ながら出たのはMacBook Proのみでした。Touch Barは魅力的だけど、さすがに高すぎます。もう少し下の価格帯のモデルがリニューアルされればと思っていたんですけどね。


APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A
そのかわり、既存モデルが値下げになったので、そちらを検討することにしました。発表前までは、今回はデスクトップはやめて、Macはノート型だけにしようかとも考えていたのですが、ノートでそれなりのスペックのものをとなると、どうしても15万を超えていしまいます。

そこで、ノートは1〜2年(?)待って、とりあえず先に仕事用のMacだけでもどうにかしようと、安いMac miniを買いました。できるだけお金をかけないようにと、最初はいちばん下のCoer i5 1.4GHzモデルを買って、それのHDDをSSDに交換して使おうと考えたのですが(それなら6万円くらいで済む)今時メモリが4GBというのはキツすぎるだろうと断念。しばらくネットを調べていると、アップルの整備済製品で、1つ上のCore i5 2.6GHzモデル(メモリ8GB, HDD 1TB)が58,000円(+税)で売っているのを見つけました。新品の1万円引きくらいでしょうか。これならスペック的にも長く使えそうなので、即決しました。


SanDisk SDSSDA-240G-J26C 240GB SSD
SSDはSanDiskのSDSSDA-240G-J26C (240GB)を買いました。6千円ちょっとでした。SATA接続のSSDなら、もう何を買ってもパフォーマンスに大きな差はないので、安さが重要です(^^;)

Mac本体は整備済とはいえ1年保証があるので、分解してそれをすぐに無効にしてしまうのは少々惜しいです。そこで、しばらくこのSSDを外付けHDDケースに入れて、そちらからOSをブートして使おうかと考えています。Macはこういうことが気軽にできるのが良いですね。接続がUSB 3.0なら、おそらくパフォーマンス的にも不満は感じないはずです。


【日本正規代理店】 ORICO 2.5インチ UASP/SATA3.0/USB3.0対応 HDD/SSD 外付け ドライブケース 高速 6Gbps リムーバブルケース 工具不要 簡単着脱 小型 軽量 2588S3-BK (ブラック)
ケースは安定性を重視したいのでセルフパワーが良いのでしょうけど、2.5インチ用ではあまり見当たりません。仕方ないのでORICOのTool Free 2.5 inch SATA3.0 USB3.0 External HDD Enclosure - Black (2588S3)というのにしてみました。初めて聞くメーカー名でしたが、Amazonでは評判が良さそうでした。

本当はUSBではなくThunderbolt接続ができれば良いのですが、ThunderboltのHDDケースなんてほとんど選択肢がない上、凄く高いんですよね。それでは本末転倒なので、今回は諦めました。一応、いざというときのために、Mac mini分解用の工具(PROMATE 精密ヘクスローブレンチ8p SHL-8)も買ったので、そのうち気が向いたら内蔵してしまうかもしれません(^^;)

おそらく明日には届くと思うので、楽しみに待ちたいと思います。今のMac miniは7年も使ってしまいましたが、これもできるだけ長く使いたいです。


関連リンク
Mac mini 買い替え その後 (2016年10月31日)

コメント (2)

2015年12月10日

Mac OS X El Capitan その後4

10/23の日記のその後です。昨日ですが、Mac OS X 10.11.2がリリースされました。さっそくMac mini、MacBook Airともにアップデートしました。今回は不具合修正のみのようですね。

MacBook Airのほうは、ついにディスクの空き容量が足りなくなって、そのままではアップデートできなくなってしまいました。8GBくらいは空いていないとだめなようですね。仕方ないので一時的にXcode(11GBくらいある)を削除してアップデートしました。

そのXcodeは、App Store経由のアップデートは以前からできなくなっています。そこで別のMacでWebからダウンロードしたdmgファイルをHFSでフォーマットしたUSBメモリに入れて(FAT32だとファイルサイズの4GB制限に引っかかる)それをMacBook Airにマウントし、そこからインストールする(Xcode.appをコピーするだけ)という方法を毎回やっています(^^;) でも、そろそろ限界が近いですね。

コメント (0)

2015年10月23日

Mac OS X El Capitan その後3

20日の日記のその後です。昨日ですが、Mac OS X 10.11.1がリリースされました。さっそくMac mini、MacBook Airともにアップデートしました。昨日のiOS 9.1同様、こちらも不具合修正に加えて、新しい絵文字に対応したそうです。

前回1つ書き忘れましたが、以前からある不具合のうちOS起動時に外付けHDD内のボリュームがマウントされない件は、10.11では改善されていませんでした。ただ、以前より発生する頻度は減ったような気はします。10.11.1ではまだ確認できていませんが、直っていると嬉しいですね。

あと関係ないけど、最近は新しいOSが出るとXcodeもバージョンアップされるのですが、OSよりこちらのインストールのほうが大変ですね。大きいからダウンロードに時間がかかるし、いざインストールの段階になると、ディスクの空き容量が足りないとかエラーが出てしまいます(^^;) どのくらい必要なのか教えてくれないのも困ります。10GBあってもダメだし、もうMacBookに入れるのやめようかな・・・。


関連リンク
Mac OS X El Capitan その後4 (2015年12月10日)

コメント (0)

2015年10月20日

Mac OS X El Capitan その後2

12日の日記のその後です。メインマシンをEl Capitanにしてから1週間ほど使いました。前回書いた強制リセットの問題は、直っていませんでした。一度だけですが、発生しました。マイクロソフトのマウスのせいではありませんでしたね。

逆に、これも以前から悩まされていたモニタ解像度の問題は、なんと直ったようです。全く期待していなかったけど、非常に煩わしかったので嬉しいです。

新たな問題も発見しました。私はUSB切替器を使ってマウス&キーボードを他のPCと切り替えながら使っているのですが、WindowsマシンからMacに切り替えたときに、たまにマウスが認識されないことがあります。これは新旧のマウス両方で発生するので、El Capitanの問題だと思います。いったん外して(別のマシンに切り替えて)再接続すれば直るのですが、これまた煩わしいですね。

またMacBook Airのほうに入っているCubase LE 7が、たまに落ちることに気づきました。DTMソフトはOSのバージョンアップに敏感なのでアップグレードはしばらく待つのが鉄則なのですが、まあ仕事用じゃないので上げてしまいました(^^;) 仮にCubaseの問題だったとしても、最新ではないバージョン7(しかもLE版)を修正してくれるかどうかは微妙ですね。しばらく様子を見て、新しいバージョン8を入手すべきか考えたいと思います。

いろいろありますが、El Capitanに上げたことのメリットはほとんど感じません。毎度のことながら、OSのバージョンアップは得るものより失うもののほうが多いですね。ちなみにWindows 10は最後のWindowsバージョンとなるようで、この発表を聞いたときは驚いたのですが、マイクロソフトのこの判断はユーザーにとっては良いことなのかもしれません。


関連リンク
Mac OS X El Capitan その後3 (2015年10月23日)

コメント (0)

2015年10月14日

Magic Mouse 2

ちょうどマウスを買った直後でタイミング最悪ですが、アップルからMagic Mouse 2が発売されました。変更点は、電源が単3電池から充電式(しかもLightningケーブルで充電!)に変わったくらいでしょうか。モデルチェンジするなら最近のMacに合わせてシルバー主体の配色に変わると予想していたのですが、そうなりませんでしたね。白は、今のMacBookと合わないと思うんだけどなぁ。

ちなみに私は旧型を持っていますが、買い換える理由は見つかりません。むしろ電池交換ができたほうが便利だとさえ思います。値段も9,500円とバカみたいに高くなっているので、おそらく今後も買うことはないでしょう。

同時にMagic Trackpad 2Magic Keyboardも発売されていますが、こちらはあまり興味がありません。キーボードのほうは以前のWireless Keyboardの後継になるのでしょうか。薄くて美しいけど、これまた高いですねぇ。これなら機械式スイッチや静電容量無接点方式の高価なキーボードが買えてしまいます。まあ携帯性重視なんでしょうが、アップルも高級路線で行くなら、もう少し玄人好みの製品を出してくれないかなぁ。昔は普通のキーボードに加えて、Pro Keyboardとかを出してた時期もありましたよね。

コメント (0)

2015年10月12日

Mac OS X El Capitan その後

2日の日記のその後です。仕事で使うアプリケーションをざっとチェックしたところ問題なさそうなので、メインのMac mini (Early 2009)のほうもアップデートしました。

ところがインストール後、マウスを動かしてみると、なんだか感触が違います。どうやら、こちらのマシンで使用しているマイクロソフトのWireless Mobile Mouse 4000が正常に機能していないようです。実際にはMS製のドライバ(IntelliPoint)が読み込まれず、汎用のドライバで動いている感じです。アプリはチェックしたけど、ハードウェアまで確認していませんでした(^^;)

El Capitanにはrootlessと呼ばれるセキュリティ機能があり、システムディスク上にroot権限でも書き込めないエリアがあるのですが、どうやらその制限に引っかかっているようです。これを解除してインストールすることも可能なようですが、せっかくのセキュリティ機能なので、なるべく避けたいです。どのみち、もうマイクロソフト製品のMacのサポートは半ば終了してしまったような状態なので(正式にはIntelliPointはMacOS X 10.7までしか対応していない)信用できません。私のこのマシンでずっと前から発生している強制リセットのトラブルも、このソフトのせいかもしれませんしね。

そこで、マウス自体を買い換えることにしました。もうマイクロソフトには期待できないので、ロジクールにしたいと思います。Macをサポートしている、まともな多ボタンマウスを出しているのは、もうこのメーカーくらいですね。モノはM546に決めました。チルトホイール+5ボタンで約3千円と、非常に安いです。詳しくはまた後日・・・。

思えばこの20年くらい、壊れるたびに何回も買い換えて愛用し続けてきたマイクロソフトのマウスですが、これで決別です。トータルで5〜6台くらい使ったかな? 残念だけど、動かないんじゃ仕方ないですね。


関連リンク
Logicool Wireless Mouse M546 (2015年10月13日)
Mac OS X El Capitan その後2 (2015年10月20日)

コメント (0)

2015年10月 2日

Mac OS X El Capitan

本日(昨日の夜?)Mac OS X El Capitan (10.11)がリリースされました。とりあえずサブマシンのMacBook Air (Late 2010)に入れてみましたが、問題なく動作しています。

まだあまりいじっていませんが、前回のYosemiteのときと違って、見た目はほとんど変化がありませんね。マウスを振るとカーソルが大きくことには気付きましたが、拙作ScrubDelete Xとバッティングしそうな新機能です。まあ一応、動いているようではあります(^^;)

今回はインストールするのにディスクの空きが少なくて苦労しました。もうすぐEl Capitanが出ると分かっていたのに、先日DTM関連のソフトをたくさん入れてしまいましたからね。どうやら10GBくらいは空いていないとダメなようなので、MASCHINEのライブラリ(7GBくらいある)をDTM用のドライブに移動し、更に一時的に一部の大きなドキュメントを削除して対応しました。

メインマシンのほうは、仕事で使うアプリが動くことを確認してからインストールしたいと思います。まあ、最近は開発のほとんどはWindowsなので、実際にはあまり影響ないんですけどね。


関連リンク
Mac OS X El Capitan その後 (2015年10月12日)

コメント (2)

2015年8月17日

Mac OS X Yosemite その後9

7/1日の日記のその後です。先週ですが、Mac OS X 10.10.5が出たのでアップデートしました。今回は不具合修正のみのようですが、私がずっと追っている問題はなかなか直りません。今回はどうでしょうか。

同時にiOS 8.4.1も出ましたが、こちらもバージョン番号どおり修正のみのようです。

そういや、10.10の次のOSっていつ出るんですかね。確か秋ごろの予定だったと思うので、もうすぐでしょうか。

コメント (0)

2015年8月16日

MacBook Air パーティション変更

あまり使用頻度の高くない我が家のMacBook Airですが、最近は比較的Windows 7(Boot Camp)のほうをよく使います。ただ、Windows側のパーティションに30GBしか割り当てなかったせいで、やりくりにかなり苦労しています。いざというときのための仕事の予備機のつもりだったのですが、そろそろ難しくなってきました。

そこで、Mac側を減らしてWindows側を増やすことにしました。これまでは120GBのSSDを90:30(Mac:Win)くらいに分けていたのですが、今度は65:55にしました。ほぼ半々です。これでWindowsもまともに使えるようになるはずです。

問題はMac側ですが、DTM関連のソフトなど、あまり使わないものを減らすことにしました。もともとサンプリング系の音源など容量を食うものはフルインストールできていなかったし、そもそもDTM自体、最近は全くやっていないわけですしね。

良い機会なので、Mac側もディスクを初期化してOSをクリーンインストールしました。最近のMac OS Xはアップデートの繰り返しでしたから、1からインストールするのは、かなり久しぶりです。デフォルト設定のYosemiteを初めて見た気がします(^^;)

コメント (0)

2015年7月 1日

Mac OS X Yosemite その後8

4/9の日記のその後です。iOS 8.4と同時に、Mac OS X 10.10.4も出ました。こちらは不具合修正のみでしょうか? 起動時にUSB HDD内のボリュームがマウントしない件は直っていませんでしたが、それ以外はしばらく様子を見てみたいと思います。

iTunesもアップデートがあり、またアイコンデザインが変わりましたね。多少、マシになったでしょうか?(^^;)


関連リンク
Mac OS X Yosemite その後9 (2015年08月17日)

コメント (0)

2015年4月 9日

Mac OS X Yosemite その後7

1/28の日記のその後です。iOS 8.3と同時に、Mac OS X 10.10.3も出ました。最近は同じ日に出るので大変です。とりあえずメインのMac miniだけアップデートしてみました。

今回は"写真"という名の新しいアプリが追加されたようですね。起動してみたけど、まだ使い方がよく分かりません(^^;)

不具合関連では、前回の日記で書いた、起動時にUSB HDD内のボリュームがマウントしない件は直っていませんでした。これはマイナーな問題なので、しばらくこのままかもしれませんね・・・。Macが強制リセットされてしまう問題は10.10.2では相変わらずだめでしたが、果たして直っているでしょうか。


関連リンク
Mac OS X Yosemite その後8 (2015年07月01日)

コメント (0)

2015年3月10日

新型MacBook

新型MacBookが発表されました。見た目はMacBook Airそっくりですが、名称は単なるMacBookだそうです。紛らわしい(^^;)

実際にはAirより更に薄いようで、そこに16:10のRetinaディスプレイを搭載しています。サイズは12インチだそうですが、額縁が狭いので本体横幅はAirの11インチモデルより短くなっているようです。縦は少し長いけど、それでも数ミリ程度の差です。重さも1Kgを切っています。見事ですね〜。

CPUがIntel Core MということでパフォーマンスはAirより劣りますが、そのかわりファンレスだそうで、そこは魅力的ですね。でもAirより高いし、たぶん買えないだろうなぁ(^^;)

コメント (0)

2015年2月13日

Kindle for Mac

1/23の日記のその後です。Mac版も(日本で使えるものを)出して欲しいと書いたら、早くも出ました(^^;) さっそくインストールしてみましたが、問題なく使えています。

私のMacはWindowsマシンと比べるとかなり遅いので、パフォーマンス的には少し厳しい気がしました。でもまあ、ページをペラペラめくるような使い方をしなければ問題ないでしょうか。

こうなるとやはり(前回も書きましたが)もっと技術書が増えて欲しいですね。プログラミングしながらKindleアプリで技術書を見るというのは、かなり便利な使い方だと思うんですけどね。更に、サンプルソース等のコピー&ペーストも可能なら言うことなしですね(^^;)

コメント (0)

2015年1月28日

Mac OS X Yosemite その後6

昨年12/18の日記のその後です。Mac OS X 10.10.2がリリースされたので、早速アップデートしてみました。

インストールして最初の再起動のあと、デスクトップに外付けHDDの一部のボリュームが表示されないことに気づきました。私は1台のHDDを7パーティションに分けてマウントしているのですが、そのうちいくつかが抜けていました。再起動したら直ったのですが、その後も起動するたびに表示されたりされなかったり、その数もバラバラです。

Command+Option+ESCで表示されるウィンドウからFinderだけ再起動(再度開く)するとたいていうまくいくので、おそらくFinderが起動されるタイミングと、USB HDDを認識するタイミングの差によるのではないかと疑っています。まあ、普段はあまり再起動しないので、なんとか運用でカバーするしかないですね。

また、こういう状況になるのは、私の特殊な環境も影響しているかもしれません。実は私は、ホームフォルダの中の一部のフォルダ(書類とかムービーとかデスクトップとか)を削除し、外付けHDD内に作ったフォルダのシンボリックリンクに置き換えてしまっています。OSが入っているSSDの容量が小さいため苦肉の策ですが、デスクトップフォルダは特殊なので、何か影響しているのかもしれません。デスクトップは本来のフォルダを使うようにする手もありますが、デスクトップを作業エリアとして使って、終わったら書類フォルダに移動(コピーではなく移動)できるのは凄く便利なんですよね。

Windowsはこういった目的別のフォルダを自由な場所に設定できますが、Macではホームフォルダまとめてしか変更できません。このあたり、もっとフレキシブルにできるようになると嬉しいんですけどね。


良くなった点も書いておきましょう(^^;) 共有ボリュームをマウントするのが遅い件は直ったようです。これが当たり前なのですが、凄く快適になりました。


関連リンク
Mac OS X Yosemite その後7 (2015年04月09日)

コメント (0)

2014年12月24日

OS X NTP Security Update

少し前から巷を騒がせているntpdの脆弱性ですが、どうやらMac OS Xも該当するようで、セキュリティアップデートがリリースされました。いつもどおりソフトウェア・アップデート経由でアップデートできるのですが、今回は初めて、ユーザーに確認を行わず強制的にアップデートするモードが使用されているようです。こんな仕組みがあったんですね。

気になるのは、今回のセキュリティアップデートはMac OS X 10.8, 10.9, 10.10のみに提供され、それ以前のOSバージョン向けのものは出ていないことです。問題ないのか、または問題あるけどサポートされないだけなのか分かりませんが、たぶん後者ですかね。世の中にはまだまだ古いOSが稼働している思うのですが、そのまま使っていても大丈夫なんでしょうか? 私なんか、いまだに10.5とか使いますしねぇ(^^;)

問題があるなら停止してしまっても良いのかもしれません。どういう対応が良いのかも含めて、ちょっと情報収集してみたいと思います。

コメント (0)

2014年12月18日

Mac OS X Yosemite その後5

4日の日記のその後です。前回、Macが強制リセットされてしまう問題は出なくなったと書きましたが、あれから3回ほどなりました(^^;) 頻度は下がったかもしれないけど、やはりだめでした。

ただ、この問題はアップルのせいというよりは、サードパーティ製のUSBデバイス(おそらくキーボードかマウス)の問題ではないかと思っています。

あと、Safariが少し不安定な気がします。普段はFirefoxなので気づきませんでしたが、たまに動作確認などでSafariを使うと、起動直後からマウスカーソルがグルグル回っては止まるといった感じで、非常に重くなります。こういう現象、昔のMac OS Xで良くなったんですが、何が悪いんですかねぇ。


関連リンク
Mac OS X Yosemite その後6 (2015年01月28日)

コメント (0)

2014年12月 4日

Mac OS X Yosemite その後4

11/25日の日記のその後です。10日ほど使ってみましたが、良い感じです。Macが強制リセットされてしまう問題は、あれから一度も出なくなりました。Mavericksが悪かったのか、私の環境だけの問題だったのかは分かりませんが、とにかく直って良かったです。

スリープするとウィンドウサイズが変わってしまう問題は直りませんでした。アプリケーションを"隠す"とならないようなので、最近はそういう運用でカバーするようにしています。

新たに気になる問題も出てきました。他のマシンの共有ボリュームをマウントするのが遅くなった気がするのです。正確には、他のマシンの共有ボリュームのエイリアスを作っておいて、そこからマウントすると遅いようです。そもそも、この昔ながらの使い方自体が、Windowsに比べる不便なんですよね。Windowsみたいに、いちいちマウントせずにアクセスする方法はないんですかね?


関連リンク
Mac OS X Yosemite その後5 (2014年12月18日)

コメント (0)

2014年11月25日

Mac OS X Yosemite その後3

19日の日記のその後です。ちょっと遅くなってしましたが、メインのMac mini (Early 2009)をYosemiteにアップデートしました。これまでMacBook Air (Late 2010)で使っていたとはいえ、かなり限られた作業しかしていないので、こちらで未知の問題が出ないか、しばらく様子見です。

ただ、このMac miniはMavericksの頃から不安定だったので、逆にYosemiteで改善される部分もあるんじゃないかと期待しています。例えば、数日に1回くらい突然Macが強制リセットされてしまうという不具合があります。作業中だろうとなんだろうと問答無用なので、非常に困ります。

また、何らかのアプリを起動したまま(ウィンドウを表示したまま)Macをスリープさせると、復帰したときにそのウィンドウの位置や縦サイズが変わってしまうという問題もあります。うちのモニタはWUXGA(1920x1200)なのですが、それがフルHD(1920x1080)に変わったと認識されてしまうようです。まあ、こちらは実害は少ないのですが、直ってくれると嬉しいです。


関連リンク
Mac OS X Yosemite その後4 (2014年12月04日)
Mac OS X El Capitan その後2 (2015年10月20日)

コメント (0)

2014年11月19日

Mac OS X Yosemite その後2

10/19の日記のその後です。Mac OS X 10.10.1がリリースされたのでアップデートしてみました。無線LANの接続性などが改善されているそうですが、私のMacBook Airは特に問題が出ていなかったので、あまり違いは分かりません。

メインマシンであるMac miniのほうは、まだ外付けHDDに入れただけで、ほとんど使っていません。普段、使用している内蔵SSDのOSはいまだにMavericks (10.9.5)ですが、週末の3連休にでも入れ替えようかと思っています。


関連リンク
Mac OS X Yosemite その後3 (2014年11月25日)

コメント (0)

ページ: 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >>