« F1 オーストラリアGP パート3 | メイン | エネループ 初充電 »

2006年4月 3日

MC Flektogon 35mm F2.4

カテゴリー: カメラ

旧東ドイツCarl Zeiss Jena(カール・ツァイス・イエナ)のM42マウントレンズ、MC Flektogon 35mm F2.4を入手しました。いやあ、ついに禁断の世界に手を出してしまいました(^^;) このレンズを*ist Dシリーズで使っている方はけっこう多いようで、ネットでそういう方たちの作品を眺めていたらどれも素晴らしく、どうしても手に入れたくなってしまいました。先日ちょうど良さそうな出物を見つけたので思い切って購入しました。とはいえ、相場は比較的安価(2万円前後?)で入手しやすいレンズです。

MC Flektogon 35mm F2.4

軽量コンパクトなので*ist Dシリーズにもぴったりです。かなり古いレンズだと思いますが(予備知識がないので年代はさっぱり分かりません)デザイン的にも違和感ありませんね。*ist DSにつけてもなお小さく感じます。

とりあえずテストがてら、いつもの窓からの景色を撮ってみました。

窓からの景色

PENTAX, *ist DS
Carl Zeiss Jena DDR, MC Flektogon 35mm F2.4
絞り優先AE (F5.6, 1/750秒)
ISO 200, AWB

接写能力も評判だったので試してみました。これが最大倍率です。おそらく1/2倍くらいでしょうか。撮影距離は20cmで、ピント位置はeneloopロゴの2個目のeの下あたり。これだけ近づくと35mm F2.4でも結構ボケますね。(被写界深度は5mmくらいか) *ist DSなら50mmマクロ的に使えそうです。

eneloop

PENTAX, *ist DS
Carl Zeiss Jena DDR, MC Flektogon 35mm F2.4
絞り優先AE (F2.4, 1/30秒)
ISO 200, AWB


一眼レフでツァイスレンズを使うのは初体験ですが、なんだかニヤニヤしちゃうほど嬉しいですね(^^;) 早くちゃんとした撮影をしてみたいです。カメラとこれ1本だけ持って、のんびりとスナップ撮影、なんて使い方が似合いそうなレンズですね。



コメント

よろしければコメントしてください。

※メールアドレス以外の項目はこのページ上に公開されます。個人情報などの入力にはご注意ください。




保存しますか?


「投稿」ボタンを押してから書き込み完了までに多少時間がかかる場合があります。ご了承ください。