2019年3月10日

Arturia KeyStep

カテゴリー: DTM/楽器

こたつでモジュラーシンセを弾くために(笑)Arturiaのキーボード・コントローラー、KeyStepを買いました。


ARTURIA シーケンサー機能搭載 キーボード・コントローラー KEYSTEP
この手の小型キーボードはたくさん持っているのですが、このKeyStepはMIDIだけでなく、アナログシンセで一般的なCV/GATE出力が可能な貴重なキーボードで、以前から欲しいと思っていました。しかし、バッテリー駆動できない点が不便そうで、これまで手を出せずにいました。以前にも書きましたが、この製品に限らず、最近の小型キーボードはPCで使うことを前提としたものが多く(USBバスパワーで使うので)バッテリーを搭載できるものはあまりないんですよね。MIDI端子まで搭載しているとなると、ほぼ絶望的です。

そんなわけでモジュラーシンセで使える理想の小型キーボードをずっと夢想していたのですが、先日DoepferからA-183-9 Quad USB Power SupplyというUSB電源モジュールが発売になりました。ここから電源を取ることができれば、コンセントにACアダプター等を繋ぐより遥かに便利です。これで、バッテリー駆動という厳しい条件が必要なくなりました。

Arturia KeyStep & Doepfer A-183-9右の写真に写っているラックのいちばん左にあるのがそのモジュールで、USB端子が4つあります。いちばん上には、試しにUSB照明を繋げてみました(^^;) 普段はミキサーで使用しているものですが、ちゃんと動作しています。

消費電力は接続した機器によるので、ケース(電源)によっては注意が必要だと思います。実際、Doepfer製の電源以外は動作保証はないとのことですが、うちのRackBruteでは、とりあえず問題はなさそうです。元々ユーロラックの電源には5Vが出ているものが多いので(ないものもある)回路は単純だと思います。安全対策を考えなければ、私でも自作できそうです。

ちなみに、このモジュールの発売はTwitterでフォローしているFive Gさんという日本のモジュラーシンセ界隈では有名なお店のツイートで知ったのですが、それを引用する形で「KeyStepで使いたい」みたいなことを書いたら、すぐに試して返信してくれて、気を良くした私がそのまま購入、という流れでした(^^;) 大きなお店では考えられない対応で、良い買い物ができました。

KeyStepのほうも好印象です。まだCV/GATE経由でちょっと演奏してみただけですが、鍵盤のタッチはまあまあですね。スプリング感はあるけど、重めで上質な印象です。MicroBruteの鍵盤とも似た感じですが、あそこまで重くはなく、ストロークも深めで、こちらのほうが断然、弾きやすいです。

タッチ式のピッチベンド/モジュレーションホイールは購入前には懐疑的でしたが、思ったより悪くないですね。場面によってはこちらのほうが便利かもしれません。

ボディは樹脂製ですが(裏は金属かな?)重さもそこそこあり、あまり安っぽさは感じません。あとは経年劣化で白い部分が黄ばんでしまわないことを祈ります。

コメント (0)

2019年3月 9日

写真日記263

カテゴリー: 写真

暖かかったので、千葉市にある青葉の森公園まで行ってみました。凄く混んでました。

青葉の森公園 1 青葉の森公園 2

SONY, Cyber-shot DSC-RX100
(35mmフィルム換算37mmで撮影)
絞り優先AE (F5.6, 1/500秒), ISO 125

SONY, Cyber-shot DSC-RX100
(35mmフィルム換算28mmで撮影)
絞り優先AE (F7.1, 1/400秒), ISO 125


いつも綺麗なこの場所のカワツザクラも、ほぼ満開でした。梅も綺麗でしたが、今日は強風が吹いていたので接写は諦めました。

コメント (0)

2019年2月17日

Thrustmaster T150

カテゴリー: ゲーム

PS4を購入して2ヶ月ほどたちました。ソフト2本無料ということで、なんとなく選んだグランツーリスモ SPORTですが、存外面白くて、ちょっとハマっています。昔はレースゲームが好きでよく買っていたのですが、目が悪くなってきてからはプレイすると凄く疲れるようになってしまい、やらなくなっていました。しかし、このゲームはあまり疲れないんですよね。昔と比べて画質が上がったおかげでしょうか。


T150 Force Feedback Racing Wheel for PlayStation (R) 4/PlayStation (R) 3 【正規保証品】
レースゲームを普通のコントローラーでプレイすると、やはり操作が難しいです。特に、ハンドルはアナログスティックで操作するのですが、ストロークが短くバネも強いので、微妙な位置に止めておくのは困難です。そこで、ハンドルコントローラー(通称ハンコン)を買うことにしました。

調べてみるとハンコンはフォースフィードバック機能のあるものとないものに大別でき、価格に大きな差があることが分かりました。そしてネットのレビューを見ていると「少しくらい高くてもフォースフィードバック付きのにしておくべき」という声が目立ちます。最初は1万円くらいで考えていたので非常に悩んだのですが、結局フォースフィードバック付きでいちばん安そうな、ThrustmasterのT150を買いました。2ペダル+パドルシフトという構成ですが、これでも3万円ちょっとしました。PS4本体より高いですね(^^;) ちなみに並行輸入品だと数千円くらい安く買えますが、保証等を考えると手が出せませんでした。また、T150 PROという3ペダルの後継モデルも出ているのですが(T150は既に製造終了のようです)そちらはもっと高いです。


Thrustmaster T150設置はまだ暫定ですが、実際にプレイもしてみました。私はコタツでやりたいので、快適に操作できるかどうか少し心配でしたが、まずハンドルは問題ありません。コタツの天板に取り付ければ、座椅子に座ってちょうどいい感じです。回転角度も実車に近いので(1080度)同じような感覚で曲がれます。まあ、スピードが速いと難しいですけどね。あとは、激しい操作をすると天板が動いてしまうので、何か重しを乗せると良さそうです。

問題はペダルです。買う前から予想はしていましたが、もともとイスに座って踏むものなので、座椅子だと足首とペダルの角度が合いません。ペダルのストロークも実車並に長いので、足がつりそうになります(^^;) 少し手前に置いて膝を立てて踏むようにすれば問題ありませんが、実車の運転姿勢とかけ離れてしまうのが残念です。また、コタツの下には中敷きが敷いてあるので、その上だと滑るという問題もあります。ここは角度を付けてペダルを置けるようにする台か何かを自作したいと考えています。

フォースフィードバックはなかなか強烈で、なるほどこれは普通のコントローラーとは別物ですね。リアルと言えばリアルですが、ゲームとしては逆に難易度が上がってしまっている気もします。状況に応じてハンドルが重くなるのは良いのですが、壁や他車に強くぶつかるとハンドルを持っていかれるほど衝撃が来るので(しっかり持っていないとハンドルがグルグル回る)そうなると方向が分からなくなってしまいます。まあ実車だと、その時点でリタイアでしょうけどね(^^;)

コメント (0)

2019年2月16日

HORI リモートコントローラー for PlayStation 4

カテゴリー: Audio&Visual

だいぶ前ですが、PS4用の、いわゆるBDリモコンを買いました。PS3に引き続きPS4はメディアプレイヤーとしても使っているので、片手で操作できるリモコンがあると便利なのです。


【SONYライセンス商品】リモートコントローラー for PlayStation4【PS4対応】
PS3時代は純正品があったのですが(私も買った)今はないようなので、ゲームの周辺機器で有名なHORIのリモートコントローラー for PlayStation 4にしました。

これ、実売3千円弱ですが、小さくてなかなか使いやすいです。プラスティック製ですが、質感もそれほど悪くありません。

残念な点は、純正のPS3用と同じように、どのボタンを押しても本体の電源が入ってしまうことです。これって本体側の仕様なんですかね? ゲーム用のコントローラーではならないので何か違いがあるのだと思いますが、うっかり触って電源が入ってしまうとホントに面倒です。

コメント (0)

2019年2月 3日

SHARP MZ-700 その3

カテゴリー: レトロPC

1/27の日記のその後です。S-BASICでINKEY$と同じような処理を実現するには、GETというコマンド(?)を使うようです。

MZ-700 カラーバー プログラムプログラムはこんな感じです。いちど変数に入れなければならない(と思う)のが不便ですが、まあこれでOKです。

ちなみにHu-BASICはマイクロソフト系のBASICに近い構文で、INKEY$も存在するようですね。

あとは処理速度ですね。BASICだと厳しいかもしれませんが、このくらいならマシン語でも書けそうな気がするので、情報収集してみたいです。きっとメモリのどこかに書き込むだけですよね?(^^;)

コメント (0)

2019年1月27日

SHARP MZ-700 その2

カテゴリー: レトロPC

22日の日記のその後です。前回ちょっと書いたBASICのテープのバックアップですが、いろいろ調べてみました。まず、データレコーダー内蔵のMZ-721と731では、背面にある外部データレコーダー用の端子は使えないようです。データレコーダーを外して、そのコネクタから背面端子へ信号をバイパスするようなケーブル(データレコーダーのないMZ-711には付属している)を繋ぐ必要があるようです。コネクタのパーツさえ入手できれば自作もできそうですが、すぐには無理ですね。

というわけで、内蔵データレコーダー1台のみでテープにバックアップする方法を調べました。MZの機種によって方法が違うようで、なかなか見つけられなかったのですが、以下のサイトにそのものズバリの情報がありました。日本のPCなのに英語の情報しか見つけられなかったのが残念ですが、このサイトは手順がかなり丁寧に記述されていて分かりやすいです。

MZ-700 - Make a copy of S-Basic - Sharp MZ


カセットテープ20年ぶりくらいにカセットテープを購入して試してみたところ、1つ問題が出ました。新しいテープにコピーする際、なぜかデータの終わりが検出されません。本来なら3分半くらいで終わるはずなのですが、テープがなくなるまで終わりませんでした。そのせいかベリファイもうまくいきません。データの終わりが記録されていないためしょうね。途中で強制終了が必要です。おそらく海外版のMZ-700は日本版と少し違うのかもしれませんね。

とはいえ、ベリファイは途中で(3分半以内に)エラーが出なければOKなのかもしれません。コピーしたテープでもちゃんとロードできるし、マスターテープ同様にロードが終わったところで(3分半くらいで)テープが止まります。動作も今のところ問題はなさそうです。

なお、この情報はMZ-700のUSER'S MANUALにも載っているようです。日本語版のマニュアルが入手できれば、うまくいくかもしれませんね。


MZ-700 カラーバーBASICのバックアップができたところで、1つプログラムも作ってみました。例によっていつものカラーバーです(^^;)

MZ-700はグラフィック機能がないので、COLORコマンドで座標を指定して背景色と文字色を同じ色にするという方法で実現しています。プログラムはシンプルですが、実行速度はかなり遅いです。描画が終わるまで11秒くらいかかります。これまでの機種で最遅ですね。

MZ-700 カラーバー プログラムまた、いつもは描画後に何らかのキーが押されるまで待って、押されたら画面モード等を元に戻してから終了するように作っているのですが、S-BASICでキー入力を取得する方法がまだ分かりません。仕方ないので、無限ループにしてSHIFT+BREAKキーで止める仕様としています(^^;)

マイクロソフト系のBASICにあるINKEY$はないようですが、別の方法があると思うので、あとで調べてみたいと思います。でもまあ、無限ループの前で色を戻しているので、実用上これで問題ないと言えばないんですけどね。


関連リンク
SHARP MZ-700 その3 (2019年02月03日)

コメント (0)

2019年1月22日

SHARP MZ-700

カテゴリー: レトロPC

ヤフオクでシャープのMZ-700(データレコーダー内蔵のMZ-721)を入手しました。1982年発売の8bit PCです。

SHARP MZ-700シャープのMZシリーズは子供の頃、特にMZ-80BMZ-2000に憧れていたのですが、ああいう巨大なディスプレイ一体型マシンは入手できたとしても置く場所に困るんですよね。そこで以前からディスプレイ分離型のこのMZ-700を狙っていたのですが、出品数は多いけど、BASICのテープが付属しているリーズナブルな完動品に、なかなか出会えませんでした。今回入手したものは少し黄ばんではいるけど、かなり綺麗で満足です。

当時のシャープのPCはクリーンコンピューターと呼ばれ、競合他社の製品と違いROMにBASICがありません。したがって、起動するたびにテープやディスクから何らかの基本ソフトを読み込む必要があります。まあ、現代のPCと同じですね。ソフトがなければ何もできません。MZ-700にはS-BASIC(シャープ製)とHu-BASIC(ハドソン製)の2本のBASICが付属していたようですが、今回入手できたのはS-BASICのみです。とりあえず1つあればOKですが、機会があればHu-BASICも手に入れたいと思っています。たまに出品されていますしね。

また、同様の理由で内蔵データレコーダー(カセットテープレコーダー)が壊れると何もできなくなるのがMZシリーズの難点ですが、MZ-700は外部レコーダーにも対応しているのがありがたいですね。S-BASICもデジタルでバックアップして、そちらからも起動できるようにしておきたいです。(まだ方法は分からないけど)

モニタは、以前入手したPC-8001FM-7等と同じ仕様のデジタルRGBで、15kHz対応モニタでそのまま映りました。内蔵データレコーダーからのBASICの起動も問題なくできました。

ちなみにシャープのBASICはマイクロソフト系のものとは少し構文が違います。昔、MZ-80Bの入門書は持っていて何度も読んだのですが、全く覚えていないので、ネットで調べて、何か作ってみたいと思います。マニュアルが入手できると良いんですけどね・・・。


関連リンク
SHARP MZ-700 その2 (2019年01月27日)

コメント (0)