2019年5月22日

グランツーリスモ SPORT その後3

19日の日記のその後です。リプレイ動画は自分で見ていても楽しいので、気に入ったコースを中心に、もう少しアップロードしていくことにしました。今回は鈴鹿サーキットです。

長年のF1ファンであり、かつ日本人でもある私にとって、鈴鹿サーキットは特別なコースです。これまで様々なF1のゲームで走ってきたので、コースレイアウトはほぼ覚えています。これは他のコースにはないメリットです。正直、コースを覚えるのがキツい歳になっているので、これはホント助かるんですよね(^^;)

F1では鈴鹿は抜きにくいコースになるのでしょうが、このクラスのクルマだとそうでもなさそうです。抜きどころは、まずはメインストレート(コース図の右上)でしょうか。シケイン〜最終コーナーをうまく立ち上がることができれば、簡単に1台は抜けます。その次は、1、2コーナー(右端)の後のS字ですね。アーケードモードのAIが遅いからかもしれませんが、アウトからでもバンバン抜けます。スプーン(左端)〜西ストレートでも抜けますが、こちらはちょっと怖いですね。特に130Rの手前で追いついてしまうと、強引に抜くべきか凄く迷います(^^;)

難しいのは、なんといっても最後のシケインですね。例によって、進入ポイントが見づらく、他のクルマが近かったりすると、よく失敗します。スプーンも難しいですね。

こちらは別レイアウトの東コースです。S字の先から右に曲がって最終コーナーまでショートカットする短いコースです。昔フォーミュラ・ニッポンで見たなと思っていたのですが、調べたところ、あれは東スペシャルコースで、これとは少し違うようですね。攻略法は通常のコースと一緒ですが、個人的に苦手なコーナーは全て抜けているので、とても走りやすいです。

コメント (0)

2019年5月19日

グランツーリスモ SPORT その後2

16日の日記のその後です。PS4には標準でゲームのプレイ動画をキャプチャーする機能があり、そのままYouTubeにアップロードすることも可能です。まともなレースができるようになったので、試しにリプレイ動画を作成してみました。解像度は1280x720になりますが、それでもかなり美しいので、ぜひ全画面モード等で拡大してご覧ください。

なお、BGMが入っていると著作権侵害になるという話もあるようなので、消しています。まあ、それでなくとも、同じ曲が何度も流れるのは鬱陶しいですしね。画面は各種情報を表示する設定にしてしまいましたが(私のIDも出てしまってる)まあ良いでしょう(^^;) ちなみにゲームは独りで黙々とやっているだけで誰にも教えていないので、フレンド数はゼロです(笑)


コースは東京エクスプレスウェイです。首都高をモチーフにしたストリートコースで、個人的に、このゲームでいちばん好きなコースです。首都高は現実の場所も独特の世界観があって好きなのですが、実車走行ではのんびり景色を楽しんでいる余裕はないので、こういうゲームは嬉しいですね。特に夜景は美しく、レースをせず1台だけでゆっくり走るのも楽しいです。リプレイ動画を止めて写真撮影したりすることもできるようです(笑)

東京エクスプレスウェイには中央、東、南の3ルートがあり、それぞれ外回り(時計回り)と内回り(反時計回り)に分かれているので、全6コースとなります。時間帯は選べるのですが、各レースのデフォルト設定のままプレイしました。

以下、それぞれ簡単に感想も書きましたが、抜きどころや難易度などは車種によっても変わるかもしれません。あくまでスイフトスポーツ '07(黄色)で走行した前提です。


■中央ルート 外回り

リストの最初に出てくるコースです。ほとんどが時速60キロの2車線区間で、路肩も狭く壁が近いので非常に怖いです。普通に(実車で)走っていても狭いのに、そこをかっ飛ばしてレースをするというのは狂気の沙汰ですね。実際、リプレイ動画だと簡単に抜いているように見えますが、他車の隣に並ぶだけでも、ぶつからないよう必死で、かなりのスリルです(笑)

抜きどころはいくつかありますが、まずはレースが開始される最終コーナー(コース図の右下)を頑張って速く走り、その後のストーレートで抜くのが安全ですかね。また、コース図の左下の第1コーナーも同様で、その後の速度に影響します。コース後半のほうでも抜けるポイントはいくつかありますが、接触するリスクが高く、非常に怖いです。1周に3〜4台抜けば勝てる計算なので、自制した走りが大事ですね。でもこれがなかなか難しいのです(^^;)


■中央ルート 内回り

こちらは外回りの逆方向に走るコースですが、最後の区間が少し違うでしょうか。トンネルがありません。

同じコースを逆に走ると登りと下りが逆になるわけですが、これで難易度が大きく変わります。そのせいか、外回りと比べて、こちらのほうがかなり難しい気がしますね。動画では他車に2度ほど接触している場面もありますが、まあレースだし、このくらいは許される範囲ですよね?(^^;)


■東ルート 外回り

非常に長い直線を持つルートです。これだけ長いとスリップストリームを利用して抜けるし、また抜かれます。漫然と走るのでなく、前後のクルマとの位置取りも影響しそうです。そのストレートに戻ってくるヘアピン(コース図の左端)も強烈で、ブレーキングポイントが分かりにくいです。もう少し大きく解像度の高いテレビ(現在は26インチの1280x720液晶パネル)でプレイしたくなります。


■東ルート 内回り

同じく内回りですが、ヘアピンの部分は手前で交差しており、同じ時計回りになります。なぜこうしたんですかね。ここも逆のほうが面白かったような気がしますが・・・。ストレートは外回りより速度が出る印象で、スイフトスポーツの5速のギアでは限界を感じます。セッティングで変わりますかね?


■南ルート 外回り

コース図の上のほうに独特のヘアピンがあるルートです。道幅が広い部分が多く、比較的、他のルートより走りやすいでしょうか。難易度はいちばん低いかもしれません。1つだけ、コース図の下のほうにシケインがあるのですが(スタート直後にも通る)図では分かりにくいのでしっかり覚えておかないとクラッシュします(^^;)


■南ルート 内回り

個人的にいちばん走っていて楽しいコースです。外回りのルートに加えて、なぜかコース図の右下のところにもう1つのヘアピンが追加されています。ほぼ360度グルっと回る感じで、一見難しそうですが、意外と道幅が広く、他車とのバトルができる非常に楽しいコーナーになっています。ここをうまく抜ければ、その先の区間でも有利です。

抜きどころは、まず第1コーナー(コース図の左下)を抜けたあとのストレートでしょうか。ここは比較的簡単に抜けるような気がします。あとは前述の右下のヘアピンと、その先の区間。外回りにもあるもう1つのヘアピンを抜けた先のS字区間でも抜けますが、ここは意外と高速で、更にAIは簡単に引かないので、ぶつかるリスクが高いです。最後の手段ですね(^^;)


以上、人気ゲームなのでネット上に動画はたくさんありますが、スイフトスポーツは意外と少ないようなので、機会があればまたアップしてみたいと思います。


関連リンク
グランツーリスモ SPORT その後3 (2019年05月22日)

コメント (0)

2019年5月16日

グランツーリスモ SPORT その後

2/17の日記のその後です。3ヶ月も何も書いていませんでしたが、ずっと続けています。毎日というわけにはいきませんが、もうバカみたいに長時間プレイしています(^^;) やはりハンコンを買ったのは正解でした。クルマのゲームはハンドルとペダルで操作すべきですね。とても楽しいです。主に深夜、寝る前にプレイしているので、明らかに酒の量が減りました(笑)

Thrustmaster T150 ペダルハンコンは相変わらずコタツで、膝を立てた変な姿勢でプレイしていますが、ペダルのほうは裏に、写真にあるような金属製のステー(近所のホームセンターで見つけた)を取り付け、そこに犬の散歩のための紐(Amazonで見つけた)を付けて、それを座椅子の背もたれに引っ掛けてプレイするようにしています。これでペダルが奥のほうに移動してしまうのを防いでいるわけです。ただ、今回ステーを取り付けるために使用したネジは厚みがあり、ペダル側のゴム足より僅かに出っ張っています。カーペットやコタツの中敷きがあるので気になりませんが、もし床に直置きするなら、何か対策が必要だと思います。


ゲームはアーケードモードのシングルレースしかプレイしていませんが、レベルは現在26(もうすぐ27)です。初級レース、中級レースは全コースクリアできたので、今は上級レースに取り組んでいます。

グランツーリスモSPORT ガレージショットクルマはゲーム内の報酬で購入したスズキのスイフトスポーツ '07です。もちろん黄色(^^;) 世代は違いますが、自分がいつも乗っているのと同じクルマで走れるというのは、たまらない魅力ですね。現行モデルも早く作って欲しいです。

このクラスのクルマであれば運転の難易度も低めです。スーパーカーみたいな上のクラスのクルマに比べて、絶対的なスピードが遅いですからね。出ても時速200キロ程度です。レースは同じクラスのクルマだけで行われるので、トヨタの86やマツダのロードスター、ルノーのクリオ(ルーテシア)などがライバルになります。

各車は自動的にイコールコンディションになるという話ですが、セッティング、特にタイヤの選択によってかなり変わる印象です。中級レースまではずっとタイヤを変えるという発想がなく、デフォルトのスポーツハードタイヤのまま走っていたのですが、上級レースになったら、なかなか勝てないコースが出てきました。そこで試しにスポーツソフトタイヤに変えてみたらあっさり勝ててしまって、驚きました。まあ何年F1見てるんだって感じですよね(^^;) タイヤは最重要パーツだと分かっていたはずです。今は更に上のレーシングソフトタイヤで走っていますが、これはもう、とんでもないグリップ力です。そのせいか丁寧に運転しないとすぐにスピンしてしまいますが、ゲームとしてはチートじゃないかってくらい速く、上級レースでも、あまり苦労せずに勝てるようになってしまいました。

そこで最近は自らに「クリーンなレースをして勝つ」という制約を課して走っています。コースアウトしたり他車にぶつけたりしたらリタイア扱いとしリトライです。将来オンライン対戦をやるかどうかは分かりませんが、これはそのときにも必要なスキルとなるはずです。しかし、これがかなり難しい。中上級レースは必ず11位からのスタートで、数周で1位まで上がらないとならないので、いくらクルマが速いとはいえ、抜きどころの少ないサーキットでは苦労します。前車のインに飛び込んで、多少ぶつけてでも抜けたらOKというのなら簡単なんですけどね(笑)


関連リンク
グランツーリスモ SPORT その後2 (2019年05月19日)

コメント (0)

2019年2月17日

Thrustmaster T150

PS4を購入して2ヶ月ほどたちました。ソフト2本無料ということで、なんとなく選んだグランツーリスモ SPORTですが、存外面白くて、ちょっとハマっています。昔はレースゲームが好きでよく買っていたのですが、目が悪くなってきてからはプレイすると凄く疲れるようになってしまい、やらなくなっていました。しかし、このゲームはあまり疲れないんですよね。昔と比べて画質が上がったおかげでしょうか。


T150 Force Feedback Racing Wheel for PlayStation (R) 4/PlayStation (R) 3 【正規保証品】
レースゲームを普通のコントローラーでプレイすると、やはり操作が難しいです。特に、ハンドルはアナログスティックで操作するのですが、ストロークが短くバネも強いので、微妙な位置に止めておくのは困難です。そこで、ハンドルコントローラー(通称ハンコン)を買うことにしました。

調べてみるとハンコンはフォースフィードバック機能のあるものとないものに大別でき、価格に大きな差があることが分かりました。そしてネットのレビューを見ていると「少しくらい高くてもフォースフィードバック付きのにしておくべき」という声が目立ちます。最初は1万円くらいで考えていたので非常に悩んだのですが、結局フォースフィードバック付きでいちばん安そうな、ThrustmasterのT150を買いました。2ペダル+パドルシフトという構成ですが、これでも3万円ちょっとしました。PS4本体より高いですね(^^;) ちなみに並行輸入品だと数千円くらい安く買えますが、保証等を考えると手が出せませんでした。また、T150 PROという3ペダルの後継モデルも出ているのですが(T150は既に製造終了のようです)そちらはもっと高いです。


Thrustmaster T150設置はまだ暫定ですが、実際にプレイもしてみました。私はコタツでやりたいので、快適に操作できるかどうか少し心配でしたが、まずハンドルは問題ありません。コタツの天板に取り付ければ、座椅子に座ってちょうどいい感じです。回転角度も実車に近いので(1080度)同じような感覚で曲がれます。まあ、スピードが速いと難しいですけどね。あとは、激しい操作をすると天板が動いてしまうので、何か重しを乗せると良さそうです。

問題はペダルです。買う前から予想はしていましたが、もともとイスに座って踏むものなので、座椅子だと足首とペダルの角度が合いません。ペダルのストロークも実車並に長いので、足がつりそうになります(^^;) 少し手前に置いて膝を立てて踏むようにすれば問題ありませんが、実車の運転姿勢とかけ離れてしまうのが残念です。また、コタツの下には中敷きが敷いてあるので、その上だと滑るという問題もあります。ここは角度を付けてペダルを置けるようにする台か何かを自作したいと考えています。

フォースフィードバックはなかなか強烈で、なるほどこれは普通のコントローラーとは別物ですね。リアルと言えばリアルですが、ゲームとしては逆に難易度が上がってしまっている気もします。状況に応じてハンドルが重くなるのは良いのですが、壁や他車に強くぶつかるとハンドルを持っていかれるほど衝撃が来るので(しっかり持っていないとハンドルがグルグル回る)そうなると方向が分からなくなってしまいます。まあ実車だと、その時点でリタイアでしょうけどね(^^;)


関連リンク
グランツーリスモ SPORT その後 (2019年05月16日)

コメント (0)

2018年12月18日

PlayStation 4 購入

先日ソニーがPlayStation 4の本体価格5千円引き+ソフト2本無料ダウンロードというキャンペーンを始めました。長いことPS4に興味はなかったのですが、悩んだ末に購入しました。やっと買ってもいいなと思える価格になりましたね。


PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2200AB01) お好きなダウンロードソフト2本セット(配信)
購入したのはいちばん安い500GBのスタンダードモデルで、色は黒です。だいたい2万6千円くらいでした。近所のノジマで買ったら、縦置きスタンド(非純正)もサービスしてくれました。

ソフトは、まず長年やりたいと思っていたGRAVITY DAZE 2です。これがやりたくて買ったと言っても過言ではありません。1作目はPS Vitaやったのですが、2はPS4版しかなく、ずっと話の続きが気になっていました。

もう1本はいくつか迷ったのですが、2千円くらいのものは後から自分で買ってもいいだろうと、高い(7,500円くらいする)グランツーリスモ SPORTにしました。このシリーズは初代を買って以来なので、さぞ進化していることでしょう。


Musou HDMI toコンポーネント1080p 5RCA RGB YPbPr 変換アダプター R/L オーディオ + 同軸出力 Xbox/ PS3/ Apple TV/Roku/ Fire TV/STB/ Blu-ray Players/ゲーム機 対応
なお、PS4は映像出力がHDMIしかないのですが、私はいまだにHDMIのないテレビを使っているので、HDMI to コンポーネント変換器も買いました。中国メーカーの製品だと思いますが、Amazonで3千円くらいでした。D端子に変換する製品もあるのですが、ちょっと高いのでこちらにしました。どうせ信号は同じだし、うちには昔プロジェクターで使っていたコンポーネント<->D端子ケーブルも残っていたので好都合でした。

テレビ側が720pパネルなのでそれに合わせた縮小表示となりますが、映像は十分に綺麗で、今のところ不満はありません。音質も悪くないですが、音量が少し小さいかもしれません。まあ、これはテレビ側でボリュームを上げればいいので大きな問題ではありません。電源はACアダプターですが、電源スイッチがないのが少し不便です。


iBUFFALO HDMI切替器 3台用 リモコン付  Nintendo Switch動作確認済 ブラック BSAK302
また、しばらくPS3も残したいので、HDMIセレクターも買いました。バッファローのBSAK302です。

プロジェクターのほうで使っている古いセレクターもあるのですが、今回はリモコン付きのタイプが欲しかったので、新調しました。いつもどおり学習リモコンに登録して使います。リモコン付きでもACアダプタが不要なのは嬉しいですね。

リモコンでの切り替えはちょっと反応が遅めですが、ダイレクトに切り替えられるので使い勝手は良好です。3ポートあるので、CATVのセットトップボックスも繋いでおきました。

コメント (0)

2015年12月27日

STEINS;GATE 0 クリア

17日の日記のその後です。無事、クリアできました。いや、できたと思います(^^;) 一応、6種類のエンディング全てに到達し、前作(STEINS;GATE)のエンディングに繋がる話まで見ることができました。CG収集率も100%、TIPSも全て回収できました。最後のエンディングを見るには少し苦労しましたが、分岐は非常に単純だったように思います。

ストーリー的には、あまりネタバレになるようなことは書きたくありませんが、予想していた程度の話ですね(^^;) TVアニメ版で言えば23話の中盤で分岐して、そこにまた戻ってくる話ということになるのでしょうか。となると当然、前作のような大団円的なエンディングは期待できないわけで、まあこんなものでしょうね。でも思ったより現代(2010〜11年)の明るい話が多くて助かりました。未来の話は僅かですが、予想どおり重苦しい話が多かったので・・・。

新たな登場人物も意外と活躍しましたね。というか、比屋定真帆に至っては今作のヒロインとも言える重要なキャラクターでしたね。であれば、もうちょっとマシな容姿にしてあげたら良かったと思うのですが、どんなもんでしょう?(^^;) 阿万音由季や椎名かがりに関しては、明かされない謎が残ったようにも感じました。まあ、世界線によってだいぶ役割が違いましたけどね。

6,800円の価値があったかどうかは微妙ですが、旧作3本は激安で買えたので、良しとしたいと思います。

コメント (0)

2015年12月17日

STEINS;GATE 0 その後

11日の日記のその後です。購入から1週間たちました。暇を見つけてはやっています。いちど早々にバッドエンドっぽいエンディングを迎えて、今は2巡目です。前作もそうでしたが、分岐ポイントはなんとなく分かりますね。全体の何割くらい進んだのかまでは把握していませんが、CG収集率は50%を超えました。でもストーリー的にはまだ半分も行っていないと思います。まだまだ先は長そうです。

前回、システムは以前とほぼ同じというようなことを書きましたが、キーアサインは意外と変わっていますね。操作性は以前のほうが良かったように思います。特に、Lボタンで早送りみたいになるのは、ちょっと困りものです。Vitaだとうっかり触ってしまうことが多くて、何度かバックログのお世話になりました(^^;) キー設定は変えられないのかな?

ストーリーはやはり重苦しい展開が多いですね。前作よりずっと"スリル&サスペンス"という感じです。新キャラがかなり登場するので、そこは楽しめています。でも。岡部倫太郎はたくさん出るけど、鳳凰院凶真が封印されているので、なんだかちょっと寂しいです(^^;)


関連リンク
STEINS;GATE 0 クリア (2015年12月27日)

コメント (0)

2015年12月11日

STEINS;GATE 0

11/24の日記のその後です。買うかどうか未定と書いたSTEINS;GATE 0ですが、けっきょく発売日(昨日)に買ってしまいました(^^;) やはりダウンロード販売は財布の紐が緩みます。


STEINS;GATE 0 【初回封入特典】PS4版「STEINS;GATE HD」DLCコード同梱
買ったのはPS Vita版です。PS3,4版よりは千円安いのですが、それでも6,800円というのは高いですね。5千円以上のゲームを買ったのは久しぶりです。ダウンロード販売なのにパッケージ版と変わらないというのも不満です。以前のゲームは多少なりとも安かったように思うのですが、最近は違うんですかね?

とりあえず1時間くらいやってみましたが、システムはこれまでと大きくは違いませんね。ゲーム内のメールがLINEに変わっているくらいでしょうか。LINEってやったことないんですが、こういう感じなんですかね?

なお、発売日に買ったからといってクリアを急ぐつもりは全くありません。のんびり味わいながら楽しみたいと思います。むしろ年末年始まで持たせたいですね。


関連リンク
STEINS;GATE 0 その後 (2015年12月17日)

コメント (0)

2015年11月25日

GRAVITY DAZE 2

昨日、久々にゲーム関連の話題を書いていて思い出しましたが、来年GRAVITY DAZE 2が出るそうですね。完結編だそうです。出るという情報はキャッチしていたのですが、書こうと思って忘れていました。

このゲームは私がPS Vitaを買うきっかけになった作品で、かつ一度クリアしてからもう一度最初からやるという、普段あまりゲームに入れ込むことのない私としては珍しい、たぶん大人になってから最もハマったゲームです。当時から続編を期待していたので、興味津々です。

しかし、来年発売される2は、プラットフォームがPS4だそうです。なんでVitaで出さない! 話は気になるけど、この1本のためにPS4を買うつもりはありません。せめてPS4が今のPS3のかわりになってくれると良いのですが、そういやDLNAには対応したんですかね? できればもうテレビに繋ぐタイプのゲーム機を買うのは終わりにしたいと思っているので、そういう付加価値がないと手が出せません。

コメント (0)

2015年11月24日

STEINS;GATE その後5

昨年9/29の日記のその後です。あれから1年以上たってしまいましたが、3本目のSTEINS;GATE 線形拘束のフェノグラムをクリアしました。

これは他の2本と違い、主人公(岡部倫太郎)以外のキャラの視点で描かれるサブストーリー集的な作品で、正直ちょっと退屈な話が多かったです。全体の7割くらい消化したあたりで中断し、1年くらいやっていなかったのですが、今月また再開しました。まあ、選択肢のない完全に1本道のビジュアルノベルなので読むだけなんですが、フルボイスなので時間がかかります。やってると、すぐ眠くなるし(笑)

でも最後の2本の話は面白かったですね。ラス前の、Dメールでの世界改変を絡めたミステリータッチの話はなかなか凝ってたし、ラストの綯の話は感動しました。父親のミスターブラウンが死んで2年後、世界線的には、まゆりが死んでフェイリスの父親が生きているという微妙な位置ですが、非常に興味深い内容でした。ここから、大人になって岡部に復讐に来る彼女に繋がるとは思えないのですが、あれは違う世界線なのかもしれませんね。ちなみに彼女はSTEINS;GATEの次作にあたるROBOTICS;NOTESにも、大人になった姿で登場してるんですよね。アニメは放送当時に見たんですが、全く気づきませんでした。作品的には、あまり面白くなかったし(^^;)

とりあえず、これで購入した3本全てが終わりました。12月には新作のSTEINS;GATE 0も出るようですし、良いタイミングですね。まあ、それに備えて再開したという感じです。でも買うかどうかは未定です。話は気になるけど、β世界線の未来の話ということは、あまり楽しい話にならないんじゃないかと思うんですよね・・・。アニメ化も計画されているようなので、それを待つかもしれません。


関連リンク
STEINS;GATE 0 (2015年12月11日)

コメント (0)

2014年9月29日

STEINS;GATE その後4

17日の日記のその後です。2本目もクリアしました。無印(1作目)に比べるとコミカルな話ばかりで、タイムトラベルとかSF方面の話はほとんどなかったけど、それなりに楽しめました。特に、鈴羽の出生に関わるエピソードが良かったです。

というわけで、次はSTEINS;GATE 線形拘束のフェノグラムに進みます。ちょっとプレイしてみた限り、こちらもシステムは同じですね。


関連リンク
STEINS;GATE その後5 (2015年11月24日)

コメント (0)

2014年9月17日

STEINS;GATE その後3

一昨日の日記のその後です。前回、アルバムコンプリートまであと2枚ということを書きましたが、ネットで調べてみたところ、実際にはあと1枚だったようです。もう1枚は、コンプリートすると手に入るお祝い画像でした。

その最後の1枚も入手場所が分かったので、せっかくだし回収しておきました(^^;) これで無事、コンプリートです。ちなみに、その画像はネット上で「ゲルまゆ」等と称されている有名なシーンでした。これもアニメにはない話で、意外と重要でしたね。調べて良かったです。

というわけで、心置きなく「比翼恋理のだーりん」を始めました。今のところ無印(1作目)と同じシステムの別のストーリーという感じですね。なぜゲームではなくファンディスクとなっているのか分かりませんが、これなら普通に楽しめそうです。


関連リンク
STEINS;GATE その後4 (2014年09月29日)

コメント (0)

2014年9月15日

STEINS;GATE その後2

1日の日記のその後です。少しずつ進めていたのですが、6種類あるエンディングを全て見ることができたので、ここで終了とすることにしました。アルバムコンプリート率は100%になっていませんが(2枚ほど足りない)そこまで頑張る価値はなさそうなので、諦めました。

ゲーム内のストーリーは、アニメ版でもほとんど描かれていたようです。ミスターブラウン亡き後の綯のその後など、驚くべき話もありましたが、このゲーム自体は、それほどプレイする価値はありませんでしたね。

というわけで、引き続きスピンオフ作のSTEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(←音量注意)に進みます。ここからが本番です(^^;) この作品はゲームではなくファンディスクということになっているようですが、どういう感じなのでしょう。のんびりやりたいと思います。


関連リンク
STEINS;GATE その後3 (2014年09月17日)

コメント (0)

2014年9月 1日

STEINS;GATE その後

8/25の日記のその後です。週末それなりに進めました。前回、選択肢がないというようなことを書きましたが、どうやら他の登場人物からのメールに返信するかしないかで話が分岐するようです。更に、返信メールは数パターンから選べるので、それによっても変わるのでしょうね。

最初は返信できることにすら気づかなかったので、何もせずエンディングまで行ってしまいました(^^;) アニメと違う結末だったので、それはそれで興味深かったけど、当然ベストエンドとは思えない話なので、もういちど最初から始めました。今度は、できるだけ積極的に返信してみようと決めてプレイしています。

ちなみに、この手のゲームでよくあるように、いちど読んだセリフはスキップできるのですが(ビデオの早送りみたいな感じ)その間にメール着信があると、ちゃんと手動で割り込んで、読んだり返信したりできます。もしかすると返信のタイミングにも意味があるのでしょうか? だとするとコントロールが難しいけど、なかなか面白いシステムですね。


関連リンク
STEINS;GATE その後2 (2014年9月15日)

コメント (0)

2014年8月25日

STEINS;GATE

5pb.のダウンロード版ゲームが最大90%オフというセール(27日まで)をやっていたので、以前から気になっていたSTEINS;GATEを買ってみました。3年くらい前に放送されていたTVアニメが凄く面白かったので、以前から原作のゲームもやってみたいと思っていたんですよね。でも、ゲームはオリジナルに加えてスピンオフ作品などもあり、全て買うとかなりの出費になりそうで、ずっと躊躇していました。

今回のセールではiOS版やPS3版などもあって迷ったのですが、唯一、オリジナルとスピンオフ2作があったPS Vita版を買いました。それぞれ1,500円だったので、3本まとめて買ってしまいました(^^;) あまりやってる時間はないし、途中で挫折する可能性もありますが、こんな値段で買えるチャンスは滅多にないですからね。

週末かなりやってみましたが、ゲームというよりサウンドノベル的なソフトですね。選択肢は(今のところ)なく、単に話を読み進めていくだけのようです。まあ、面白ければそれでも問題ないのですが、セリフはフルボイスなので、まじめに聞いているとかなり時間がかかりそうです。


関連リンク
STEINS;GATE その後 (2014年09月01日)

コメント (0)

2013年12月30日

PS3コントローラーの充電器 その後

10/2の日記のその後です。休みだし久々にゲームでもやろうかと、PS3のコントローラーを件の充電器に繋いだところ、どうも正常に充電できません。コントローラー裏の4つのLEDが全て点滅したままで、これは普通の(PS3対応じゃない)USB充電器で充電しようとしたときと同じような状態です。本体に繋げば充電できるので、どうやら充電器側の故障のようです。まだ2回くらいしか使っていないのに・・・。

こんな安いものを修理に出すべきかどうかは悩むところです。保証期間はまだあるような気がしますが(半年だったら過ぎてるかも)送料がもったいないんですよね(^^;) いっそ買い換えてしまうか(同じものは嫌なので他のものに)迷っています。

ちなみに、久々にPS3本体で充電したら、充電が終わったあと自動的に電源が切れていました。その瞬間は見ていなかったのですが、そんな仕様ありましたっけ? 以前はそうならなかったような気がします。

コメント (0)

2013年12月 3日

ダーツ その後5

10/15の日記のその後です。新しいシャフトを買いました。前回購入したものは非常に良い作りなのですが、アルミ製なのでフライトを差し込む部分が変形しやすく、いちど変な形に歪むと元に戻らないという問題がありました。まあ消耗品だし、また少しくらい曲がっても実害はないのかもしれませんが、いつかポキっと折れてしまいそうで恐いです。

ダーツやはり普通のやつが良いのかなとネットショップを眺めていたところ、フライトを横から差し込むサイドローディング式のシャフトがあることを知って、購入してみました。UnicornのSlikStikというやつで、色々な素材のものがあるようですが、これはSlikStik Aluminiumというアルミ製のものです。3本で400円くらいでした。名前のとおり中間の黒い部分がアルミで、そこから後端まで伸びている黄色の部分がナイロンです。ナイロンの部分には長いスリットがあり、そこにフライトの羽を2枚差し込んで、十字に開くというセッティングになります。

フライトによっては少し緩いものもあり相性がありそうですが、合うものは思ったよりちゃんと固定されます。通常のタイプより抜けにくいとのことですが、それが実感できますね。しばらく使ってみたいです。

また今回、いつもと形状の違うフライトを買ってみました。ティアドロップ型です。羽が小さいのでダーツ同士がぶつかって弾かれるリスクが減りますが、姿勢制御というフライト本来の機能は低下します。ちょっとだけ投げてみましたが、確かに、ちゃんと投げられたときはズバッと真っ直ぐ飛んで行くけど、変な投げ方をすると、なかなか軌道が安定せず失速したりします。練習には良いのかもしれません。使い続けるかどうかは、もう少し試してみて判断したいと思います。

コメント (0)

2013年12月 2日

ドラゴンクエストfor スマートフォン

iOSおよびAndroid向けにドラゴンクエスト(初代)がリリースされました。12月10日まで無料とのことなので(最初は先着100万名の予定だったけど初日で達成して延長になったようです)いちおうダウンロードしておきました(^^;)

私はファミコンを所有していたことはないのですが、初代ドラクエは友人から本体ごと借りてプレイしたことがあります。期間が短かったこともあり最後までは行きませんでしたが、けっこう楽しんだ記憶があります。

早速ちょっとだけプレイしてみましたが、タッチパネルでの操作が難しいですね。移動するだけで一苦労です。特に、他のキャラと会話するため、ちょうど良い位置に止まるのが難しいです。これは最後までプレイするのは、かなり厳しいかもしれません。音楽は懐かしいですね。どのBGMも思い出深いです。

コメント (0)

2013年11月13日

ダーツケース

以前、ネットを眺めていて、凄く好みのデザインのダーツケースをみつけました。カメオというメーカーのサブリナ(イエロー)です。


ダーツ ダーツケース【カメオ】サブリナ イエロー
特に高いわけでもなかったのですが、私はダーツを持ち歩くつもりはないし、不要だよなぁと思って一旦は諦めていました。ところが、最近またこの製品について調べたら、すでに製造終了とのこと。もう手に入らないとなるとまたしても欲しくなって、在庫の残っている店を探して買ってしまいました(^^;)

色はイエローということですが、だいぶオレンジっぽいですね。でも日本製だし、質感はとても高いです。大きさはiPhone 4がちょうど入るくらい。iPhone 5は長いので入らないと思います。ダーツを分解して収納するタイプで、どちらかというとソフトダーツ用のケースですね。さあ、何に使いましょう(笑)

コメント (0)

2013年11月 7日

PS Vita システムソフトウェア 3.0

PS Vitaのシステムソフトウェア 3.0が出たのでアップデートしました。メジャーバージョンアップですが、主にPS4のためのアップデートですかね。他にも色々あるようですが、私はゲームしかやらないので、ほとんど興味ないものばかりでした。

あと、最近あまり使っていなかったので、すっかり電池が切れていました。充電して起動したら最初に内蔵時計の設定画面が出たのですが、これってタッチパネルでしか操作できないんですよね。コントローラーを動かしても何も起きないので、壊れたかと焦りました(^^;) 両方で使えるようにすべきじゃないかなぁ?

コメント (0)

ページ: 1  2  3  4  5  6  7  8 >>