« 写真日記287 | メイン | 写真日記288 »

2019年12月24日

ScrubDelete X 2.0b1

カテゴリー: ScrubDelete

macOS Catalinaに対応したScrubDelete X バージョン2.0のβ版を公開しました。64bitアプリケーションとして1から作り直しました。テストにご協力いただける方を募集します。

できればこれまでのバージョンを使った経験のある方にお願いしたいです。しばらく使用した上で、動作した、しないに関わらずコメントをいただけると嬉しいです。(Twitterでも構いません) その際、OSバージョンをお書き添えください。なお、このソフトの性格上、致命的な不具合が潜んでいる可能性もないとは言い切れません。現状、開発者のテストでは大きな問題は出ていませんが、リスクを避けたい方は、しばらく様子見されることをお勧めします。

以上の内容にご同意いただける方は、以下をクリックしてダウンロードしてください。バージョン2.0からはフリーウェアとなります。

ScrubDelete X 2.0b1

なお、このアプリケーションはいわゆる"野良アプリ"のため、最近のOSバージョンではセキュリティの例外設定をしないと実行できないことがあります。詳しくは以下のアップルの解説をご覧ください。

開発元が未確認のMacアプリケーションを開く - Apple サポート


以下、バージョン2.0b1の既知の問題(重要度が高いと思われる順)です。今後も、新たに発覚した不具合は随時追記していきます。

  1. 共有ボリューム上のファイル/フォルダが捨てられないことがある
  2. どういう条件で起こるのか、まだ追求しきれていませんが、こちらではMacとWindowsが相手だと問題なく、NASだと必ずなります。ファイルが選択状態にあることがOS(?)によって認識されないようで、今のところ対処法が見つかりません。

  3. スクラブ操作で外部ボリュームのアンマウント(取り出し)ができない
  4. アンマウントしようとするとフリーズしてしまう(OSから処理が返ってこない)という問題があったため、今は何もしないように制限しています。もともと副次的な機能なので、最悪このまま正式版とさせていただきます。

  5. 音を鳴らすとFinderの音も同時に鳴ってしまう
  6. これはバージョン1.5b1も同様でした。ゴミ箱への移動をFinderにやらせている限り、解決できないかもしれません。独自にゴミ箱へ移動する方法もあるのですが、そうするとFinder側のUNDO(「編集」メニューの「取り消す」)が使えなくなってしまうので、痛し痒しです。

  7. スクラブ操作の感度が以前と微妙に違う
  8. これは改めて再設定していただくということで、このままにしたいと思います。

  9. 起動時に一瞬だけ設定画面が見えてしまう(笑)
  10. これも解決法は分かっているのですが、プログラムが複雑化するので、当分このままにしようかと思っています。本当はシステム環境設定で設定できるようにしたいんですけどね・・・。

  11. 動作環境はMac OS X 10.7以降としたいが10.11以降しかテストできていない
  12. 実際には、詳細なテストをしたのは常用している10.14と10.15のみです。ご協力をお願いします!



コメント

よろしければコメントしてください。

※メールアドレス以外の項目はこのページ上に公開されます。個人情報などの入力にはご注意ください。




保存しますか?


「投稿」ボタンを押してから書き込み完了までに多少時間がかかる場合があります。ご了承ください。