« 写真日記329 | メイン | FUJIFILM X-T10 その2 »

2020年5月24日

写真日記330

カテゴリー: 写真

今回は、先日購入したX-T10の初撮影です。場所は少し前にも撮影した印旛沼周辺です。

印旛沼 1 印旛沼 2

FUJIFILM X-T10
Carl Zeiss, Distagon T* 2.8/25 ZK
絞り優先AE (F8, 1/550秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Velvia

FUJIFILM X-T10
Carl Zeiss, Distagon T* 2.8/25 ZK
絞り優先AE (F8, 1/1250秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Velvia

印旛沼 3 印旛沼 4

FUJIFILM X-T10
Carl Zeiss, Distagon T* 2.8/25 ZK
絞り優先AE (F8, 1/350秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Velvia

FUJIFILM X-T10
Carl Zeiss, Distagon T* 2.8/25 ZK
絞り優先AE (F8, 1/550秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Velvia

最初の4枚で使ったレンズはKマウント用のDistagon 25mmです。このくらいの大きさに縮小してしまうと気になりませんが、マウントアダプターのせいか全体的に少しシャープさに欠ける印象でした。期待が大きかったせいか「あれ?」という感じでした。

印旛沼 5 印旛沼 6

FUJIFILM X-T10
FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 (35.5mmで撮影)
絞り優先AE (F8, 1/340秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Velvia

FUJIFILM X-T10
FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 (16mmで撮影)
絞り優先AE (F8, 1/280秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Velvia

印旛沼 7 印旛沼 8

FUJIFILM X-T10
FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 (16mmで撮影)
絞り優先AE (F8, 1/320秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Velvia

FUJIFILM X-T10
FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 (21.1mmで撮影)
絞り優先AE (F8, 1/320秒), ISO 200
フィルムシミュレーション Velvia

後半4枚は約1万円のXC16-50mmです。このレンズはちょっと緑かぶりすることが多い気がしましたが、やはりこちらのほうがDistagonより写りが良いように思えます。Xマウントレンズは各種収差がデジタル補正されるからでしょうか。となると、他のマウント用のレンズをアダプター経由で使うメリットは、あまりないかもしれませんね。特に一眼レフ用のレンズはマウントアダプターに長さがあるので、バランスも悪くなりますし・・・。


・後日追記
Distagonのシャープさが足りないのは、無限遠でしっかりとピント合わせをしなかったせいでした。中国製のマウントアダプターはたいていオーバーインフ気味に設計してあるそうで、安易にフォーカスリングを無限遠いっぱいまで回して撮影しただけではだめなのですね。



コメント

よろしければコメントしてください。

※メールアドレス以外の項目はこのページ上に公開されます。個人情報などの入力にはご注意ください。




保存しますか?


「投稿」ボタンを押してから書き込み完了までに多少時間がかかる場合があります。ご了承ください。